コントロールオリエンタードとは?ファーストタッチのコツを解説

コントロールオリエンタード、ファーストタッチのコツ テクニック

コントロールオリエンタードとは、ファーストタッチの一種です。

2015年から連載のサッカー漫画「アオアシ」に出てきたことで有名になりました。しかし具体的にどういったプレーなのでしょうか。

今回はコントロールオリエンタードについて解説していきます。

スポンサーリンク

3タッチでは遅い!?「トラップ+ドリブル」=コントロールオリエンタード

ファーストタッチでコントロールオリエンタードでかわす

コントロールオリエンタードとは、ファーストタッチで次にプレーしたい方向、スペースへボールをコントロールすることです。スペイン語で「方向づけたコントロール」を意味します。

1990年代以降プレッシングが主流になり、一人一人がボールを持てる時間が少なくなりました。トラップ、ドリブル、パスの3タッチでは遅く、プレッシングの餌食になります。

そこでファーストタッチで「トラップ+ドリブル」で相手をかわすコントロールオリエンタードが普及していきました。これにより2タッチ目にはパスができるので、2タッチでプレーするのが常識となっていきます。

パスが来る前に次のプレーを考える

コントロールオリエンタードではファーストタッチでボールを動かすので、パスを受けてから考えることはできません。パスが来る前に次のプレーを考える必要があります。

そして次にプレーしたい方向を考えるということは、次にどういったシュート、パス、ドリブルをするか、一連のプレーを考えなければいけません。あらかじめ周りの状況を確認しておいて、それからパスを受けるのが大事です。

コントロールオリエンタードも万能ではない?ピタッと止めるトラップがカギ

ここまではコントロールオリエンタードの重要性を解説しました。しかし万能なわけではありません。

もしスペースへボールをコントロールしてくることが分かっていれば、DFはそれを予測して奪うことができます。そして狭いスペースでボールを受けるときは、大きくボールを動かすことができません。

こういったときは逆に足元にピタッとボールを止めるトラップが効果的です。相手との距離があるのでプレーする時間に余裕が生まれます。

そしてトラップをするときも次のプレーを考えておくことが大事です。次にパスをするなら、蹴りやすい位置にトラップをすることでパスまでの時間を短くできます。

トラップの瞬間を奪われそうならどうしますか?ここでコントロールオリエンタードです。

まとめ

・コントロールオリエンタードとは、ファーストタッチでプレーしたい方向にボールをコントロールすること
・トラップ、コントロールオリエンタードのどちらでもパスが来る前に次のプレーを考えておく
・ファーストタッチでトラップとコントロールオリエンタードを使い分けるとより効果的

日本ではコントロールオリエンタードのことをファーストタッチ、コントロール、トラップなどとよびます。トラップとコントロールオリエンタードを合わせてファーストタッチとよんだり、両方含めてトラップとよぶこともあります。

しかしこういったことばがあることを知っておけば、プレーするときに選択肢が明確になると思います。